私は体質改善で白斑が縮小しました。
↓↓↓無料サンプル・資料の申し込みはこちらから↓↓↓

Top >  白斑の悩み事 >  白斑の悩みの一つ、夏の日焼け

白斑の悩みの一つ、夏の日焼け

白斑は、白いまだら模様が目立つことが最大の悩みで、
特に体の内部や皮膚に自覚症状がないのが特徴です。

なので、春から夏にかけて紫外線量が増加して日焼け
すると、白斑部分と他の正常な色の皮膚との境が明確に
なり、冬などあまり日焼けしない頃に比べて人目がより
気になってしまいます。

女性の方なら日傘などで日よけするなどして、日焼け
しないようにすることが白斑を目立たなくする有効な
方法です。


ただ男性だと日傘はおかしいし、帽子では顔の日焼け
は避けられないし、なかなか日焼け対策は難しいです。
日焼け防止剤などを塗ってもいいですが、白斑部分には
塗らない方がいいと思います。


自分のようにあごや首に白斑があるとよく人とすれ違って
チラっと見られたとき、よく首をさすってなんともいえない
表情をする人がいます。そんな時、とてもショックだし、絶対
白斑を完治させたいという思いになります。


白斑を治すという意味で、外へ出て日焼けしようと思うのは
白斑が逆に目立ってできる限りやめた方がいいと思います。
ですが、太陽の日に適度に当たることは健康にいいと言いますし、
うつにも効果があると言われています。


とにかく白斑専門の病院に通って、ナローバンドUVBやエキシマ
ライトで白斑部分を局所的に治療していくしかありません。


タドレスという一時的に白斑を隠す商品もありますが、長期的に
は根本から治した方がいいのは言うまでもありません。

ただ、就職試験を控えている、大事な商談がある、同窓会が
あるなど一時的に大事な場面があるとき使うのは有効だと
思います。

↓↓↓ダドレスは、皮膚の白く抜けた部分を着色し、症状を目立たなくします。↓↓↓

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

GRAFA グラファ ダドレスC(色つきタイプ)
価格:3024円(税込、送料別) (2016/9/22時点)


 <  前の記事 白なまず治療の病院探し  |  トップページ  |  次の記事 白斑症と女性の目  > 





にほんブログ村 病気ブログ 原因不明の病気へ
  • seo